神奈川県立近代美術館葉山

www.hayammachi.com

葉山町でトロピカルな街創りを目指して,葉山町専用情報ガイド!

神奈川県立近代美術館 葉山

神奈川県立近代美術館 葉山

最新の美術館施設

2003年3月に竣工、10月に開館した葉山館は、神奈川県立近代美術館の3番目の建物です。最新の照明設備、空調設備を備えた展示室のほか、資料の収集と情報の発信拠点を目指す美術図書室、多彩な視聴覚設備を備えた講堂、保存技術の粋を集めた収蔵庫など、最新の美術館施設となっています。

生活の中で美術館に親しんでいただけるよう、エントランスホールから中庭、レストラン、ミュージアムショップ、庭園、さらに地下1階の美術図書室などは、観覧料なしでご利用いただけます。

葉山で自然との調和して…

目の前の一色海岸と背後の三ヶ岡山を意識し、「海」と「山」にきらめく「光」に象徴される明るく開放的な空間と静穏な住環境とが調和するよう次の点に配慮しました。
容積率を法定の半分程度に抑え、緑被地率を約45%確保し、庭園を散策できるようにする。
建物の高さを10m以下に抑え、白い花崗石でつくられた単純なフォルムと、水平線を強調したファサードにより、建物を緑の中に沈みこませる。
2つのL字型の建物で囲まれた「中庭」をボイドスペースとし、葉山の風景(山と海)との連携を図る。

神奈川県立近代美術館

神奈川が誇る芸術の中心地

自然に囲まれた美術館

神奈川県立美術館 葉山は2003年に完成しました。地下には美術図書室があり半地下の窓からは三ケ岡山が見られます。一色海岸側は地元の食材を使ったレストランショップも利用できます。

神奈川県立美術館は日本初の公立近代美術館として鎌倉に作られましたが鎌倉館が閉館となり現在は葉山館と鎌倉別館の二つになりました。葉山館は一色海岸と三ケ岡山の自然と調和した場所にあります。また、無料で入れる庭園に野外彫刻もあり季節により多様な表情を観ることができます。

葉山で過ごす時を感じる

庭園の野外彫刻葉山は海と山と挟まれた地形にあり葉山館も例外でなく開放的で明るい造りです。その上葉山には駅がなくとても静かです。この雰囲気を気に入り詩人、音楽家の方をはじめ多くの芸術家が住んでいます。近隣には山口蓬春記念館や葉山しおさい公園博物館がありゆっくりと流れる時の中に自然と文化の融合に浸るひと時を楽しんで下さい。


展覧会概要

古来、世界のさまざまな民族の手によって、貝細工という独自の文化が生み出されてきました。7万年から10万年前の遺跡から貝ビーズが発掘されているように、人びとは貝をつなぐ手しごとを通して、単なる道具を超えた特別な価値を、貝に見出してきました。

本展では、大阪の万博記念公園にある国立民族学博物館が所蔵する、34万点をこえる資料の中から、約160点の貝細工を紹介します。日ごろ、博物資料とされる貝細工に秘められた豊かな造形美を発見しながら、それぞれの貝細工が生まれた社会背景や生活文化を理解し、貝と私たちとがどのような関係を育んできたのかを問い直します。とりわけ、アフリカ、アジア、オセアニアの広範囲に見られるタカラガイの貝細工に注目し、さまざまな民族による儀礼用の仮面や、社会的権威を表す衣装や装飾品などを展覧することで、世界各地に広がる「貝の道」をたどります。葉山の海に面した美術館で、名もなき作り手たちの貝への思いや創意工夫の数々に触れる、貝をめぐる世界の旅にお出かけください。




エントランスホール
葉山館は、人に優しいバリアフリー設計になっています。来館者のためのすべての機能は地上1階に集められ、お年寄りや、体の不自由な方にも、楽にご利用いただけます(地下1階の美術図書室を除く)。ハートビル法の認定も受けています。



レストコーナー、展示ロビー
展覧会をご覧になって疲れたときには、 外の風景に目を休めながら、休憩していただくスペースを用意しています。



展示室
展示室1、2は、自然採光による見やすい環境が特徴です。



レストラン
一色海岸を望む絶好な眺望、カジュアルな雰囲気、地元の食材を用いたオリジナルメニューを取り揃えて、皆様のお越しをお待ちしています。



庭園
相模湾をのぞむ庭園には、西雅秋、李禹煥、富樫一、保田春彦などの野外彫刻が木々の間に彩りを添えています。美しい自然と芸術との出会いをお楽しみください。

Access

住所 神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1

営業時間

営業時間 : 午前9時30分~午後5時 入場は午後4時30分まで
電話(代表) : 046-875-2800
休館日 月曜日[ただし9月19日は開館]

車でお越しの方へ

逗子インターチェンジから逗葉新道経由で7.6km
横須賀インターチェンジから県道27号横須賀葉山線経由で7.2km。