葉山自転車市場は葉山からヴィンテージ自転車の専門店として自転車の楽しさを発信しています。

www.hayamamachi.com 

葉山自転車市場

NEWS

2018/02/02

HPを更新しました。

2018/02/04

商品項目を追加しました。

2018/02/07

使用例をUPしました。

☆葉山自転車市場

葉山自転車市場は葉山からヴィンテージ自転車の専門店として自転車の楽しさを発信しています。お客様の個性を加えたヴィンテージ自転車、妥協せず一台一台大切に作り上げて、お届けいたします。70,80,90年代のヴィンテージもの中古自転車です。ひょっとすると掘り出しものが出てくるかも…
 

葉山自転車市場

ご訪問有難う御座います。唐突ですが、ヴィンテージカー、ヴィンテージバイク、ヴィンテージ物が大好きです。昔から他の皆が持っていない自分だけの物、町ですれ違う事の無い個性、雰囲気、そして物にこめられた歴史に魅力を感じてきました。
しかし、ヴィンテージと付く物はどれも高価で何よりコストが掛かり実用品で無い物が多いイメージでしたが、それを覆したのが自転車との出会いでした。
 自転車はバイクや車に比べると家具に近いです、昔の家具は職人造りで長く生涯使える。同じことが自転車にも言えると思います。

葉山自転車市場

ヴィンテージ自転車を販売しております。数多くのフランスヴィンテージを取り揃えております。ヴィンテージ自転車,中古,中古自転車,プジョー,ロードバイク,ロードレーサー,クロスバイクビンテージ自転車葉山からお届けするビンテージ自転車の専門店です。お客様の個性を加えたヴィンテージ自転車、妥協せず一台一台大切に作り上げてお届けいたします。

BENOTTO

1978年イタリアのBENOTTO べノット イタリア ジョルダーノ・トリーニ選手が使用していた.。イタリアを代表するプロスプリンターの一人で、大変人気のあった選手です。この頃のトリーニ選手が所属するサンソンチームには、有名なF・モゼールなどがおりイタリアを代表するプロスプリンターの一人で、大変人気のあった選手です。この頃のトリーニ選手が所属するサンソンチームには、有名なF・モゼールなどがおりご存知の方も多いかと思います。

C4・チ クアトロ

カーボンモノコックのバイクフレームを世界で初めて製作したイタリアのメーカーです。モノコック構造の利点を生かした、独特な有機的デザインで知られています。

BH Bikes

Beistegui兄弟がレースバイクをデザインし、レースで勝てるバイクになりました。 スペイン、ポルトガル、アメリカ、に生産やデザインするオフィスを集結しBH Bikesは国際的リーダーに成長しました。

コルナゴ(Colnago )

イタリアに本社を置く自転車メーカーで創業者はエルネスト・コルナゴ。
これまでに140以上のチーム、2500人を超えるプロ選手により7000以上の勝利を挙げ、自転車競技の歴史の一部となるまで発展を遂げてきました。ロードバイク用フレームビルダーとしては名実ともに世界一と賞賛されています。ピナレロ、デローザと合わせて御三家と呼ばれています。

COLUMBS THROHN

コロバス社 1919年に、サイクリング部門を設立し自転車のフレームからのフェラーリのシャーシに、モダンな家具まで発展してる1931年、自転車オートバイから自動車や航空機の製造に使用される溶接とシームレス鋼管を製造し出しました。1994年、ビアンキの110年を記念して、コロンブスはMEGATUBEを作りこの革新的な、高性能チューブセットを使用してサイクリング・フィールドに戻って来ています。その間に、カーボンファイバーフレームキット(リアステーとフォーク)の範囲が広がり、コロンブスの生産の中核事業となります。

DE ROSA

Officina オッフィチーナ。日本語で作業場や工房と訳される言葉で、当時のDEROSAの人びとはこの部屋を呼んでいた。ここはUgoがフレーム制作に本腰を入れるために構えた拠点で、自宅兼仕事場であり、3人の息子が仕事を覚えた場所であり、シーズンオフにはメルクスが泊りこんで束の間の休息をともに過ごす場所でもあったという。メルクスの黄金期を支えたフレームも、フランチェスコ・モゼールがパリ〜ルーベで3連勝を飾ったフレームも、UgoがOfficinaで組み上げたものであった オフィシャルHPより

Dusika

Dusikaサイクル、高品質のレイノルズチューブ構築されたフレーム
Dusikaミラノ、高品質のレイノルズチューブ構築されたフレーム、SIMPLEXフロントディレイラー、ATOMメイドホイールハブが装備されていたフランツ"フェリー" Dusika ウィーン1908-1984彼は孤児院で育った、医者のアドバイスで特にスプリント、スポーツをし始めた。1932年に最初の勝利ローマのUCIトラック世界選手権。オーストリアの自転車レースの主催者やスポンサー後のドライバーのキャリアであった。ウィーンで1935年の自転車店をオープンしました。

EDDY MERCKX

コルナゴといえば、現在ではイタリアンバイクの代名詞。ロードレーサーといえばコルナゴの名は必ず挙げられ、押しも押されもしない名門ブランドとして自転車界に君臨しているのだ。だが、コルナゴのマシンが一世を風靡したのは、スチールフレーム時代にベルギーの生んだ不世出の大選手、E・メルクスが選んだことに端を発している。メルクスがどれほどの選手だったのかは、彼の手にした勝利の数とそのレース名で計り知ることはできるが、それ以上に彼の力を感じるのは、すべての自転車ブランドが、メルクスに自社のマシンを乗ってほしいと考えたところにある。

BH Bikes

Beistegui兄弟がレースバイクをデザインし、レースで勝てるバイクになりました。 スペイン、ポルトガル、アメリカ、に生産やデザインするオフィスを集結しBH Bikesは国際的リーダーに成長しました。

LOOK・ルック・カーボン

LOOK社はカーボンを独自の製法でカーボンチューブに仕上げる行程まで自社工場でハンドメイドできる、数少ないメーカーの一つです。カーボン製のロードバイクフレームがマーケットの主役になる遥か以前から、カーボン一筋で20年以上の経験があるLOOK社はすべてのカーボン技術において大きなアドバンテージを持ち、他者の追随を許しません。メインコンポーネントもSHIMANO DURA AEC(7400)です。とても実戦向きで耐久力にも定評があります。今は無い直線的なデザインが細身のフレームととても良く合います。乗り味は非常にソフトで、疲れません、ロングライドやヒルクライム向きです。

フランチェスコ・モーザー

1951年6月19日に生まれ、フランチェスコ・モーザーは、1980年代半ばまで、1970年代半ばから支配的なライダーの一人だった。 彼はグランドツアーのタイトル、世界選手権ロードレースタイトル、パリ・ルーベクラシックで3連勝を含むサイクリングの5モニュメントで6勝を獲得しました。モーザーは、1973年に彼のプロとして始めた。 彼は力を発揮し、自転車で威圧的な人物だった。モーザーは、ドイツとイタ??リアのフランコのディートリッヒ、1977年世界選手権ロードレースに勝った。モーザーは1984年に、彼はエディメルクスの1972時間の記録を破っている可能性があります。 しかし、バイクはエディメルクスが使用され、1997年にユニオン・サイクリスト・インターナショナルは1972年に使用されている技術的優位を持つバイクに設定されて使用されます。しかし、サイクリングの新技術へ開発し1987年に引退した。

Peugeot

PEUGEOTが自転車を製造し始めたのが1886年ととても古く歴史のあるメーカーです。ツール・ド・フランスでも10回も優勝する。とても優れたメーカーでした。EDDY・MERCKXが乗っていた事でも有名です。その他にも沢山の有名選手を輩出してきましたが残念ながら今は存在しません。今は商標を買い取って台湾や中国等でPEUGEOTのステッカーを貼った自転車を製造している残念なメーカーとなってしまいました。

PEUGEOTが自転車を製造し始めたのが1886年と古く歴史のあるメーカーです。

同社は急速にレースの名声を確立しました。1903年から1983年の間に、プジョーはTour de Franceで10回優勝し、チャンピオンシップを獲得し記録を破った。いくつかの情報源は、1913年と1919年にトゥール・フランスが挑戦した際に、膨大な数のトゥ・クリップを授与したユージン・クリストフ氏がプジョーに乗ったことを示しています。1955年、プジョーはダンロップとプロチームを共同スポンサーしました。1963年、チームプジョーは黒と白のチェッカーボードデザインを採用しました。1964年、トム・シンプソンはミラノ・サン・レモを獲得し、1965年には世界ロード・チャンピオンシップを獲得しました。Eddy Merckxは1965年から67年にかけてプジョーチームに乗り、1967年にワールドロードチャンピオンシップを獲得しました。シンプソンズの直後にワールドチャンピオンのArc-en-Ciel(レインボー)ストライプがプジョーのダウンタウンに登場し、1965年ワールドロードチャンピオンシップの勝利を果たし、彼らは長年にわたってそこにとどまった。プジョーのスポンサーシップは1989年に終了する。

コルナゴ(Colnago )は、イタリアに本社を置く自転車メーカーです。

創業者はエルネスト・コルナゴ。15歳の時にレースで初勝利し小柄な体格ながら持って生まれた才能で将来を有望視されるが、20歳になる目前のレースで左足を骨折。この時点で早くも選手生活にピリオドを打つこととなる。選手生活を断念しフレームの製造に携わり60年を経った今でもその姿勢は変わらない。バイクをプロチームに供給し続け、そのレースにかけるひたむきな思いがこれまで多くの優秀なチャンピオンを輩出してきた。スポーツ用自転車を市販する他、ロードレース用フレームビルダーとして、2013年までに140以上のチーム、2,500人を超えるプロ選手に自転車を供給し、7,000勝以上を挙げロードバイク用フレームビルダーとしては名実ともに世界一と賞賛されています。同じイタリアを本拠地とするF1の名門チーム、フェラーリとのコラボレーションモデルを何度か発売している。

モトベカン

自転車の本場フランスの老舗ブランド、本拠地は、フランス・サンカンタン市にあります。春のクラシックレース「パリ〜ルーベ」のコースの途中の街としても有名です。1923年にスタートしたこの伝統あるメーカーは、1984年にヤマハモーターグループの一員となる迄も、「Motobecane(モトベカン)」ブランドとしてヨーロッパにおいて長く二輪界を牽引してきました。自転車の製作は1960年代に着手され、もともと持っていたオートバイ等を製造する高い技術力を活かし、自転車の製造においても当初から高品質・高性能な製品をリリースすることができました。二輪車の「運動性」や「特質」を十分に熟知した「MBKサイクル」のスタッフ達は、ヨーロッパの文化を担う自転車の設計・製造においても情熱を注ぐ努力は惜しまなかったのです。

ロッシン

Rossinは、イタリア人のマリオ・ロッシンという人が興した工房です。
元々コルナゴでチーフビルダーとして活躍していました。かの有名なEDDY MERCKXもロッシンなくしてアワーレコードの樹立はなしえなかった。と言わせるほどの天才ビルダーでした。コルナゴから出た後、出資を受け、興した自身の名前のメーカーですが90年代に入ると経営方針の考えの違いから出資者から追い出されてしまいます。なので90年代のROSSINは名前だけで出来が良くなかったようです。元々お金に無頓着な天才だったようです。デローサ、コルナゴ、ピナレロと並び称される超一流工房です。昔からロードを知ってる人なら、知らない人はいないくらいの有名ブランドです。マリオ・ロッシンは、かつてコルナゴの凄腕職人として働いていた

ALAN Cyclo Cross Made in ITALY

ATALA Campagnolo Made in ITALY

Austro Daimler PUCH 100

1978年イタリアのBENOTTO.ベノット

BERTIN MIXTE Made in FRANCE 650B

BOTTECCHIA Carnielli Campagnolo

COLNAGO Master Made in ITALY

EDDY MECKX Corsa Extra 540

ACCESS

240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内 389
葉山自転車市場
携帯電話: 090-6516-1882
Email : hayamamachi@gmail.com

CONTACT