葉山町に住んでいながらも知らない魅力葉山町専用情報ガイド♥

www.hayamamachi.com

葉山町でトロピカルな街創りを目指して葉山町専用ガイド

神奈川県立近代美術館 葉山

展覧会概要
 

ブルーノ・ムナーリの日本最大の回顧展

 本展は、芸術からデザインそして児童教育に至るまで独創的な活動を繰り広げたブルーノ・ムナーリ(1907-1998)の、はてしない活動を体験するための展覧会です。
 ムナーリは、幼少期から美術やデザインに関心を持ち、19歳の時に当時のイタリアを席巻していた前衛美術運動の未来派に参画し、大きな影響を受けました。一方で雑誌の編集や挿絵などの仕事を通じて、デザインへの関心と造詣も大いに深めていきます。第二次世界大戦後のムナーリはそうした経験を活かし、折りたたんで持ち運び可能な彫刻《旅行のための彫刻》や、コピー機を使いながらもオリジナルの平面作品《オリジナルのゼログラフィーア》といったかつてない美術作品、そして極めてシンプルであると同時に用の美を備えた照明や家具などを多数発表し、国内外で高く評価されました。
 くわえて、ムナーリは子ども向けの造形教育にも大いに興味を示し、遊具をはじめ、沢山のしかけが込められた絵本などを発表します。さらには子どものためのワークショップも考案し、それらは身の回りの慣れ親しんだ素材から創造力を飛躍させる創作活動として、今日でも全く色褪せることがありません。
 本展は、1985年にこどもの城(渋谷)における回顧展の際に実演されたワークショップを「ムナーリを読み解く鍵」として、その全生涯にわたる作品約320点をご紹介します。そのうち約150点は日本初公開となる作品で、未来派に関わっていた時代の作品、そして晩年の絵本原画など、これまで日本であまり知られてこなかったムナーリの一面を教えてくれるでしょう。また会期中は、ムナーリの絵本や遊具を手に取ることができる場を設け、ムナーリ自身が考案したワークショップを開催することで、言葉を超えるムナーリの表現や思想に触れていただきます。
 画家、彫刻家、グラフィック・デザイナー、インダストリアル・デザイナー、発明家、著述家、子どもといっしょに遊ぶ人――あらゆる肩書きを持つ稀代の表現者ブルーノ・ムナーリの日本最大の回顧展を、ぜひお見逃しなく。
LinkIcon神奈川県立近代美術館 葉山

神明社あさいち…


月第一日曜日 朝 9時 ~11時 神明社 境内にて
*1月と6月8月9月はお休みです。
「神明社あさいち」では住民が.ワークショップなどを行い、こどもたちに日本の伝統を伝えていきたいと季節の行事に合わせたワークショップなどを開催しています。主催:神明社あさいち実行委員会 協力:下山口商店会
LinkIcon神明社あさいち

葉山真名瀬朝市


第二土曜日朝8時から10時まで開催
真名瀬漁港の漁師らによる直売
葉山の獲り立ての海の幸を食べる !
葉山真名瀬湾の豊かな海の幸を子供達に伝えたい。
◆葉山真名瀬朝市が開催 !
その朝獲れたばかりの新鮮なお魚が並ぶ朝市です
真名瀬湾の漁師さんが直接おそろいの大漁半被を着て…
地の伊勢エビ、サザエ、カサゴ、カワハギ、タコなど
LinkIcon葉山真名瀬朝市

東京オリンピック競技・・・


ヨット発祥の地である葉山町に
オリンピック競技種目
セーリング競技の開催を・・・

La Festa Mille Miglia 2013



10月21日 La Festa Mille Miglia 2013が
葉山町を駆けめぐりました